aergaregaer のすべての投稿

楽しかったアルバイトはパン屋さん!

学生時代は、マクドナルドやセブンイレブンといった定期のアルバイトではなく、一日とか長くて一週間程度の日払いのアルバイトばかりやっていました。理由は、すぐにお金が欲しかったからです。
その中でも思い出深いのは、コンサートの裏方のバイトです。私の大学は、地方の比較的人口が多い都市にあったため、有名なアーティストのコンサートツアーに組み込ませることも多く、比較的コンサートツアーの裏方のアルバイトがありました。アルバイトの募集があれば、結構申し込んでやっていました。
コンサートのアルバイトは、コンサートのセット設営とお客の誘導、コンサート中の警備、そしてコンサート後の後片付けが主な仕事です。といっても、力だけはある男子学生はもっぱら設営と片付けが主な仕事でした。とにかく、設営と片付けは、キツイ体力仕事でした。アイドルのコンサートは、市民会館みたいなところで行われたため、それほどセットは大きくないのですが、松任谷由実が全盛のころのコンサートは、やたらデカイ会場で、やたらデカイセットを組んだため、ものすごく大変でした。特に片付けは、次のコンサート会場に行くために片付けのための時間がなく、セットをバラして運ぶことをひたすら繰り返し、何台ものトレーラーに荷物を上げて、送り出しました。
キツイアルバイトでしたが、その分給料は良く、1日で1万5千円もらったこともあります。また、警備の名のもとコンサートをタダで聴けました。
もうやれるだけの体力はないので、まさに大学生時代だけの思い出です。心残りはアルバイト先でありがちな素敵な出会いがなかったことでしょうか。やはり、単発だと、仲良くなってもすぐにお別れですから。恋愛に発展することは少なかったですね。大学生の出会いはサークルかバイトだと思うので、私はずっとひとりぼっちでしたね。

キスブサ全国放送おめでとう

キスブサがついに全国放送になるとのこと、やりました。
もっとも、時間自体は相変わらずの深夜枠、これはまだ動かせないのでしょう。

たしかに、この内容自体、ゴールデンに向いているかと聞かれれば微妙です。
また、マンネリにもなりやすい内容なので、現在でも玉ちゃんファミリーの私でさえ、玉ちゃんが出てしまえば飽きたなんてことさえありますから、心配しきりです。
とはいえ、少しずつキスマイが全国区になっていくのは喜ばしい限りです。

ただ、この番組、あまり作り込まないで、と思ってしまいます。
昨日の玉ちゃんは、彼女にありがとうを何度もお辞儀をしながら、というのは良しとしても、ショートムービーみたいというメンバーの声のとおり、まさにできすぎでした。
ガヤさんに至っては完璧すぎて、ちょっと引いてしまいました。
何にしても過ぎたるは、なのです。
たしかに、台本なしとは思えない番組ですが、それでもできる限り自然に、というのがキスマイの持ち味ですから、スタッフさん頑張ってください。

韓国料理にはまってしまったけど

この間、韓国に旅行に行きました。元々はハワイに行く予定だったのですがこどもが急に入院することになり急遽前日の晩に韓国に決めて翌日出発しました。
こんな弾丸旅行は初めてなのです。私もこんなことができるなんて・・・大人になったなぁと思いました。
expediaとゆうサイトでとりました。航空券も発行なしで行きました。
ちょっとドキドキ旅行でした。
ホテルはあたりですごくいいところでした。
現地ではしたかった、お化粧品の買い物をたくさんしました。すごく可愛い女の子が多いんです。
肌がすごく綺麗です。細いです。美意識高まりました。
エステにも行きました。ここはちょっと失敗でした。日本語が全く通じないまま個室に通されちょっとこわかったです。
あと感動したのが、ご飯です。全て美味しかったのです。おもてなしの精神でサービスがすごく多かったです。
韓国にいってから韓国料理にはまり日本で行きまくっています。
でも本場のサムギョプサルが忘れられないんです。また行きたいです。

あの日の父のゲンコツ

今まで生きてきた中で親や教師に叩かれた回数は記憶の中で2回程あります。
2回しかないの!!って感じですが、女の子はそんなものですよね?笑

小学校4年生の時、学芸会の練習で真面目に歌を歌わなかったから、
ベテランおばさん先生にビンタされたのが一回。(今だったら体罰で大変ですね)

もう一回は、まだ小学校に上がる前の話。

家の近くに電車の線路があって、田舎の線路だからあんまり電車は来ないし
簡単に入れるとこだったので、そこで弟や友達と遊んでいました。
間一髪で誰かが見つけてくれたのですが、
その日の夜は、父親の前に兄弟正座させられ、
ゴツーンと一発殴られました。

何が危なくて、何が悪いのか、まだわからない年齢だったので、
あのゴツーンは「これからは絶対にしちゃいけないこと」と
植え付けられた一発でした。

言葉で言ってもわからない子どもが
悪い事(他人に危害をくわえたり、危険な事をしたら)
「怪我をさせないプロの体罰」で、
ゴツーンとやってもいいと思います。

ただ、出来なくて殴るのは、恐怖でもっと出来なくなると思います。

だから、子どもを出来ない子に育てるには、
殴って恐怖心を植え付けるのが一番です。

今日は非常に機嫌がいい

今日はべつに何ということもない普通と同じ日常の日だった。
ご飯を食べて身支度をして仕事をして帰ってきてまたご飯食べて。
けれども今日はとても機嫌がいい。
いつもと変わらない日々が幸せだというけれど、それにちょっとしたスパイスがあった。
今日いれたお茶が今までいれたお茶の中で一番おいしくいれられたのた。
特別高級なお茶では無いのに。いつもと同じ種類のお茶なのに。
すごくおいしかった。
お茶はいれたその日で全然味が違う、お茶が飲みたいといれたのに、こんなものを飲みたいんじゃないと思う日もある。
今日のお茶はみんなで「おいしいね。今日のお茶」と言いながら飲んだ。
ひとりで飲んだのではなかったのもいっそううれしかった。
自分が何かをやったとき、満足のいくことは実はそう多くない。
その小さな満足を集めて、私は少しずつ自信をつけていく。
今日は私はまた一歩進んだような気がした。
と、いうわけで今日はとても機嫌がいい私なのでした。

音楽教室発表会。。。親は必死です

今月末に子供が通う音楽教室の発表会があります。うちの子はまだ一年目なので一人でピアノを弾いたりすることはないのですが、合奏や歌には参加します。
 今日はその練習日でした。なんと言ってもまだ年中さんの息子。他の子も5歳6歳という子ばかりなのでどちらかというと親が大変なんです。
今まで習ってきた曲ばかりならいいのですが、前回は“発表会では新しい曲をします”と言われました。今から覚えるの?と不安がいっぱい。
さらには先生が今日突然、この歌には振り付けも付けましょう〜♪とか言うものだから、親が先生の振り付けを見ながら必死で覚えないといけない。
これを子供に教えながら次のレッスンまでに踊れるようにしないといけないわけですから、本当に大変です。子供のための発表会というよりは、親の力が試されている気がしてなりません。しかし、もう記憶力も危ういお年頃になってきておりますので、最後は振り付けを楽譜に書き込み始めました。あるお母さんはスマホで先生の振り付けを録画してました。その手があったか。
とりあえず本番までなんとかがんばります。

風邪をひいていない理由

毎年、私か息子二人のうちどちらかが年に何度かは喉が痛くなって、咳が出たり、喘息のようになったりしていたのですが、一軒家から、マンションに引っ越して1年たちますが誰も風邪をひいていません。なんでかなと思うのですが、心当たりとしては、家の中の温度がマンションになってから、冬は暖房がいらないほどに温かく、湿度が結構保てるということと緑茶を水出しの時が多いのですが、ほぼ毎日飲むようになったことです。

もしも、これが風邪の予防になっているのなら、体が冷えないので温度変化が家の中ではさほどないということと湿気は、食器洗浄機の湯気や入浴時の湯張りの湯気がリビングに行き渡ることも多いので、寝ているうちに喉が痛くなることが無いということと緑茶のカテキンパワーがあるということが考えられるのです。今、息子の学校ではインフルエンザBや声がかれる咽頭炎が流行っていますが、もう少し、何とかかからずに乗り切りたいところです。

私の好きな芸能人について

私の好きな芸能人は山口もえさんです。
なぜ好きなのかというと、パッと見た感じではおっとりした汚れのないお嬢さん、というイメージです。
おそらくこれは誰に聞いてもそうこたえるのではないでしょうか。
でも、彼女の魅力はそれだけではなく意外と発言がしっかりしていることです。
最近亡くなったやしきたかじんさんが委員長で日曜日のお昼にやっていた、そこまで言って委員会という番組の中でもそうです。
周りにたくさんの専門家の先生や、コワモテのパネリストが難しい話をしていたり、時にはケンカを始めたりすることがあります。

決してもえさんも負けじと口を挟んだりするわけではないのですが、絶妙なタイミングで一言発します。
そのおかげで場の雰囲気が一気に優しい穏やかな状態に変わります。
時には専門家にも鋭い質問をします。私たちが「こんなことを聞いてもいいのか」と少し恥ずかしくなることでも気にせず聞きます。
それでもみんなの気持ちをたった一言で和ませる彼女は本当に尊敬します。たぶん同じことを私がしても怒られるでしょうから。
これからもずっと応援していこうと思っています。

自由にできる時間を作る方法

時間がないと騒ぐ人が多いものですが、たいていの場合上手く人を使えていないことが原因です。
家庭にしろ、職場にしろ、一人で出来ることは限られています。
上手く人を使って時間を作ることは実に楽しいものです。
もちろん、誰でもいいから人に任せてしまうわけではありません。
その人にあったことを指示してやってもらえば、効率的に作業をやってくれるものです。
得意分野があるならば、それは全部任せてしまえばいいです。
指示するのは一度きりでいいです。
よく何度も確認する人がいますが、やめておいたほうがいいです。
余計な時間を使いますし、指示された人がよく失敗しやすくなるからです。
円滑に指示を出すためには、ある程度求めているものを用意することも大切です。
立場的に偉くなったとしても、上から目線でものを言っても人は言うことを聞かないものです。
また、ある程度失敗することも考慮しておくべきです。
最初のうちは上手くいかないこともありますが、だんだんと慣れていき効率的に動いてくれるようになり自由にできる時間が増えます。